1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
無題
可愛らしい声と柔らかな口調、優しい雰囲気の方でした。
お会いした時はいつも「作りよりますか〜?」と、私のモノ作りを気にかけて下さいました。
帰国された時にboncoinで少しだけお会いするだけの関係でしたが、大好きでした。

沢山の方が影響を受けられたと思います。
私もその一人です。

お体の具合が良くない事は存じていましたが、あまりにも早い別れに戸惑っています。

私の縫い仕事の部屋には、boncoinから連れ帰ったフランスの道具や小物達が沢山あります。
作品に使う生地やパーツ、ビーズ、棚や裁縫道具…。
松村さんが選ばれた道具達に囲まれ、これからも縫い仕事を続けていきます。
松村さんの事を思いながら。

ありがとうございました。
御冥福をお祈り致します。

121007_2024~03.jpg
| nuit | 03:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 03:39 | - | - | pookmark |
Comment
先日はお電話をありがとうございました。
家に帰ってもう一度確認したらやっぱり
8日は開いてなくてお店に伺う事が出来ません
でした。淋しくなりますね。
でもそのnuitさんが行かれた日に皆さんが
笑顔だったと言うのはおそらく故人の意思
なのだと思います。
Posted by: tomo |at: 2012/10/10 11:08 AM
tomoさん

あの日のboncoinは穏やかな空気が流れていて、私だけ動揺してお店に伺った感じでした。

そうですね。皆さんの笑顔は松村さんの意思なのかもしれませんね…。

淋しくなります。
Posted by: nuit |at: 2012/10/11 7:04 AM








Trackback